葉酸サプリメントおすすめナビ|妊娠には効果的な葉酸の摂取を!

妊活中・妊娠中に必要不可欠な葉酸を効率よく摂取できるサプリメントをまとめています。

葉酸は妊娠前からサプリメントで!

葉酸は「妊娠前から」「サプリメントで」が鉄則です。
妊娠前から葉酸を摂取する理由やサプリメントで摂取する理由を分かりやすく解説しています。

なぜ妊娠前から必要なの?

妊娠前から葉酸を摂取する理由

胎児の神経管は、妊娠6週頃までに行われます。

多くの女性の場合、妊娠が発覚するのは体に変化の出始める妊娠8週~12週頃です。

この時期には、既に胎児の神経管形成が終わっているため、妊娠が分かってから葉酸を摂取しても神経管閉鎖障害のリスクを下げることはできないのです。

そのため、妊娠を希望されている場合には、いつ妊娠しても良いように日ごろから葉酸を摂取することが大切なのです。


尚、厚生労働省では、妊娠の1ヶ月以上前から葉酸を摂取していることが勧められています

葉酸は、妊婦でなくても動脈硬化や貧血の予防、脳の機能改善といった効果があります。

また、葉酸は妊娠していない成人女性の場合、1,000μg/日が摂取上限となりますので、普段からサプリメントで摂取していても体に害が生じることはありません。

ご自身の健康と赤ちゃんの健康のために、是非とも日ごろから摂取しておきたいものです。

葉酸摂取は「葉酸サプリメント」が効果的

葉酸摂取は「葉酸サプリメント」が効果的

葉酸は、食品にも含まれている栄養素です。

特に、緑の葉の部分に多く含まれており、野菜ではほうれん草、春菊、ブロッコリー、白菜など、穀物では大豆、さつまいも、日本南瓜などに多く含まれています。

しかし、葉酸は「熱に弱い」「水に溶けやすい」という特徴を持っているため、家庭で調理することで葉酸の含有量が約半分にまで落ちてしまいます。

さらに、食べ物から摂取した葉酸は、体内での吸収率が50%と言われています。

そのため、調理の段階で-50%、吸収の段階で-50%失われ、一生懸命食べた葉酸は結局約25%しか機能しないのです。


それに比べ、葉酸サプリメントは400μgの葉酸を毎回きちんと摂取することができ、さらに85%程度が体内で吸収されるため、非常に効率よく葉酸を摂る事が出来るのです。

錠剤を数錠飲むだけの手軽さですから、毎日続けやすいというのもポイントです。

体調の優れない時やつわりに苦しんでいる時に大量の野菜を食べるのは非常に大変ですが、葉酸サプリメントであれば体調に左右されることなく、いつでもお飲みいただくことが出来ます。

確実に摂取できる葉酸サプリメントの使用は、厚生労働省も薦めており、「食品に加えてサプリメントから1日0.4mg(400μg)の補給」を推奨しています。

葉酸サプリメント摂取のポイント

バランスの良い食事

もちろん妊娠前でもそうですが、やはり健康な体作りにはバランスの良い食事が欠かせません

特に、妊娠希望の方や妊婦さんは、特定の情報だけを収集してしまうことがあるので、「葉酸を摂らなきゃ!」「これは食べたらダメなのね!」と偏りが生じてしまいます。

もちろん、気をつけなければならないことはありますが、それでも基本となるのはバランスの良い食事です。

厚生労働省・農林水産省が出している食事バランスガイドを活用して、是非食事の目安を考えてみてください。

葉酸サプリメントは、このバランスの良い食事をしつつ摂取することで、より健康な体作りを助けます。

食事でも意識して葉酸を

実は、葉酸サプリメントの摂取というのは、食事でも葉酸をある程度摂取できていることを前提に考えて作られています。

「食事では賄いきれないので、葉酸サプリメントで補いましょう!」というものなのです。

ですから、葉酸サプリメントに任せっきりにするのではなく、意識して葉酸の含まれている食材を食べるよう心がけてください

ただし、食材による葉酸の吸収率は低いので、含まれている葉酸が全て摂取できるわけではないということを覚えておきましょう。

葉酸が豊富に含まれている食材例(食材100g当たり)

  • えだまめ&260μg
  • モロヘイヤ&250μg
  • パセリ&220μg
  • ほうれん草&210μg
  • 菜の花&190μg
  • 春菊&190μg
  • アスパラガス&180μg
  • すじこ&160μg
  • 卵黄&140μg
  • そら豆&120μg
  • 納豆&120μg
  • ブロッコリー&120μg